"ビストロさわざき" の検索結果

2014年 10月 28日

ビストロさわざき 本日も口福ナリ〜その14 手作りチャーシュー

カテゴリー: 撮影チームブログ

ご無沙汰しております。また、別店舗にいっておりました。
こちらもあわせてよろしくお願い致します。

さて、今回は「食欲の秋、到来!」ということでチャーシューです。



チャーシューを作るきっかけは、ラーメンを作る時に近所でさがすと
どうもいいものがない。パサパサだったりハムのようだったり。そもそも置いてないことも多い。
ぶつぶつ言いながらラーメンを茹でていると後ろから、「つくればいーじゃん!」とひと言。
考えてもみなかったが、確かにスーパーには、いつも糸で巻いてある豚肩ロースが置いてある。
そうか、家で作るものなんですね。
「そんなの、あたりまえだ!」と思われる方も多いと思いますが、
上田シェフ直伝のチャーシューは、これまた美味いのですよ。


まず、こんなに!というくらいに、砂糖をまぶし、手ですり込む。


それを酒、みりん、しょうゆ、五香粉、こしょう、にんにく、ねぎで作った漬け汁で1日漬け込む。


漬け込んだ後。肉と漬け汁を分けます。


オーブンで焼きます。天板には水を張りこげつきを防ぎます。


途中、一度取り出し、漬け汁をつけ直す。
漬け汁、美味しそうだったので、ゆで卵を投入。美味しい味玉になる予定。

 
表面がカリカリに焼けて美味しそう。これが砂糖をまぶしつけた結果ですな(カラメル状になる為)。
香りが届かないのが残念ですが、香ばしい香りがたまりませんぞ。
すぐにでも食べたくなる気持ちをグッと抑え、肉汁が落ち着くまで焼いた時間の半分、
おいて置きます。


じわーっと滲み出る肉汁。堪りません!

文句なしの美味さです。
1日漬け込んでしみ込んだしょうゆの旨味が、焼けたしょうゆと砂糖の香ばしさが、
しつこくない脂身が、渾然一体となってせめてくる!
二人で500gは食べてしまった!やばいね。
時間はかかるけど、これでは、出来合いのものでは歯がたちませんわ。
もちろん、お酒もすすむ君です。
紹興酒がピッタリなんだろうけど、今回はこちら。


フランス南部、ラングドックはフォジェールのワイン。スパイシーな料理にはスパイシーなワインが
あう!

そして翌日のお昼のお楽しみ。



ラーメンにチャーシュー、そして味玉。あ〜これがやりたかった!
作ったその日にほとんど食べちゃいましたが。

それにしても、あくる日になっても美味い。味玉もいい具合。
いや〜、口福、口福。また作らなきゃ。

(澤﨑信孝)

コメント(0)

2014年 4月 10日

ビストロさわざき 本日も口福ナリ〜その13 フレンチトースト

カテゴリー: 撮影チームブログ

前回が2012年の年末。
およそ1年3ヶ月のご無沙汰です。
その間よそで営業してたのですけどね。
私のウェブサイト、 良かったらのぞいてくださいね。

さて、今回は「フレンチトースト



久しぶりなので、夜から朝へ営業時間変更?!
そうゆうわけでもないですが、お酒なしのメニューは初めてかも。

バゲットを残してしまう事、結構ありませんか?
ウチも料理でお腹がいっぱいになり、残してしまう事もしばしば。
そんな時はブルスケッタにしたり、凍らせてクルトンにしたりとか、してました。

しかし、こんな方法があったとは。
朝の忙しい時、時間の合間に出来て、しかも美味しい。
やらない手はありませんね。

まず、砂糖を溶かした牛乳にしみこませる。



よくしみこんだこと!



溶き卵にくぐらせる。



フライパンにバターを入れ、バターを焦がさないように弱めの中火にかけ、両面をこんがり焼く。



上田シェフレシピでは、グラニュー糖をつけて再度焼き、そうすると甘さも加わり、表面もカラメル状になり、食感もグーです。
私は甘さ控えめ、そして最後にシナモンをふっています。

中まで牛乳がしみこみ、シットリ。シェフレシピだと表面がもっとカリッとして食感のコントラストもでて、なおグー。



バケットを牛乳にひたしつつ台所の後片付けを(たいがい夕飯の後片付けは放置されている)して、
トーストを焼き、一息ついてフレンチトーストとカフェオレを飲む。

ん〜、口福だね。
朝の爽やかな(台所も片付いて)ひと時。
なかなかいいですぞ。

(澤﨑信孝)

コメント(0)

2012年 12月 24日

ビストロさわざき リベンジ続編 ローストビーフ

カテゴリー: 撮影チームブログ

前回も失敗してしまった、ローストビーフ

今回は、業を煮やしたシェフが直接指導をして下さる事に。

ありがたいやら、緊張するやら。

どうする、さわざき?

失敗したらビストロ閉店か!



まずは心を静める為に下ごしらえ。野菜の角切り。



特別アシスタントのK君と「肉」との対面。



ギャラリーの方々。皆さんの「肉」に対する熱い眼差しが。

私の腕が今日の皆さんの「肉」を台無しにしかねない。緊張が走る。



慎重にシェフのレシピを見ながら。



表面をこんがり焼く。



サラダ油を足して野菜をしんなりするまで5分程炒める。



ホイルに肉をのせ、その上に炒めた野菜を覆うようにかぶせ、オーブンに入れる。

今回のお肉はサシがよく入っていたので、まず、10分焼くことにする。

今まで、火が入りすぎて失敗していますからね!



取り出して、温度の確認。

シェフ直伝。金串を肉に5秒間いれる。唇が温度に敏感で、温度を確かめるのにいいそう。

唇にあててみる。まだ冷たい。

金串を刺した時の感触も大事だそうで、抵抗なくヌルっと入る。

後5分焼くことに。



5分後。もう一息。あと3分!



これか!

温度はぬる燗ぐらい。刺した感触はズブっとやや抵抗のある感じ。

もっとぬる燗飲んで感触つかも!



野菜を取り除いて、焼いた時間と同じ時間寝かす。



野菜とホイルに残った肉汁に水を加えて煮立て漉し、塩と胡椒で味をととのえ、ソースにします。

成功を確信し、すっかり余裕。

そして、結果は、ジャジャジャ〜ン、大成功です!



これでなんとかビストロも閉めないですみそう。

皆も笑顔。口福、口福。

上田シェフ、ありがとうございました! これで年が越せそうです。

(澤崎信孝)

コメント(0)

Next »