2014年4月

ミントフレーバーのいちごジャム 


レースボウルM¥1,000(税別)/h+(堀江陶器)

ジャム、プリザーブ、コンフィチュールなどと呼ばれる果物の砂糖煮はご存じの通り、もともと旬の果物を保存して年間楽しむための生活の知恵でした。大量に実って、生では食べきれないから、または、生で食べるには固すぎたり、甘くなかったりするから…という事情もあったようです。でも、日本でこの季節、家庭で作るいちごジャムに関しては、そういう事情よりむしろ、シーズンならではの楽しみのための、ちょっと贅沢な食べ方のような気がします。今回のおすすめは、生でもおいしいいちごを、粒が残るようにさっと煮て、少しハーブのフレーバーを効かせたシーズンスペシャルのシンプルジャム。いちごの季節の後半、小粒のパックが出回るようになったらぜひお試しください。

(レシピはこちらの本に収録されています)
Continue Reading »

コメント(0)