2013年2月

2013年 2月 28日

フランス出張報告…和食とワインのアペリティフミッション New!

カテゴリー 撮影チームブログ

1月末より、仕事でフランスに出かけておりました。

日本でいえば幕張メッセで行われるFOODEX(食品見本市)のワイン版のような催しが、フランス・ロワール地方のアンジュという街で行われたのですが、その際に、和食とワインを取り合わせるアペリティフの会の料理を担当してほしい、という依頼を受けてのこと。



到着してすぐ準備が始まり、息つく暇もなく当日を迎え、そして・・・ワインと和食のアペリティフミッションは、無事終了。プレス用のランチアペリティフ2回(200名)、ワイン生産者及びゲストを迎えての夜のアペリティフは、予想を大きく超える約300人(予定の倍以上)の方にお越しいただき、おかげさまで大盛況に終わりました。



何より、料理とワインのマリアージュを試行錯誤しながら考えたメニューを、多くのワイン生産者の方々が、ご自身の作られたワインと共に楽しんでくださったことが、本当に感激でした。海外のプレスの方々のお話からも、日本人が考える以上に、多くの国の方々が日本料理に関心を持ち、日々の生活にも取り入れ、気軽に自国のお酒と楽しんでみたいと思っているようです。

実は今回、フランス人女性数人に、お寿司を巻くのを手伝ってもらいました。やる気満々で丁寧な作業に感心しましたし、彼女たちもお寿司をちゃんと巻けることが本当に嬉しく、楽しそうな様子だったのが印象的でした。そう、私たちが、ローストチキンやミートパイを上手に作れるときの気持ちと同じなのだなと・・・・。



そして、今回一番感じたこと・・「ただおいしいから食べたい!」ではなく、世界中が、日本の「食」を、美しい文化のひとつとして受け止めているということを目の当たりにしました。

そう、外国の方々がこう思ってくださっているのですから・・・日本人としてしっかりせねば! 忙しくて外食が多く、料理を作る機会が少ない人でも、せめて・・ちゃんとだしを取り、巻き寿司が巻け、鍋でご飯が炊けて・・ぐらいは、できるべきではないかなと思いました。

外で買えるから、他に作ってくれる人がいるから・・という問題ではなく、日本人のたしなみとして・・・日本の料理を語れないと寂しいなとも思ったのです。文化を次の世代に引き継ぐ立場として・・・。外から日本を見ると、本当に大切 なのでは・・と。それが今回の仕事を経験して、今も心に強く残っていることです。

(上田淳子)



(写真協力はJuli Roumetさん。最後の1枚は地元の新聞で報道された様子です)

コメント(0)