2012年12月

2012年 12月 24日

ビストロさわざき リベンジ続編 ローストビーフ

カテゴリー 撮影チームブログ

前回も失敗してしまった、ローストビーフ

今回は、業を煮やしたシェフが直接指導をして下さる事に。

ありがたいやら、緊張するやら。

どうする、さわざき?

失敗したらビストロ閉店か!



まずは心を静める為に下ごしらえ。野菜の角切り。



特別アシスタントのK君と「肉」との対面。



ギャラリーの方々。皆さんの「肉」に対する熱い眼差しが。

私の腕が今日の皆さんの「肉」を台無しにしかねない。緊張が走る。



慎重にシェフのレシピを見ながら。



表面をこんがり焼く。



サラダ油を足して野菜をしんなりするまで5分程炒める。



ホイルに肉をのせ、その上に炒めた野菜を覆うようにかぶせ、オーブンに入れる。

今回のお肉はサシがよく入っていたので、まず、10分焼くことにする。

今まで、火が入りすぎて失敗していますからね!



取り出して、温度の確認。

シェフ直伝。金串を肉に5秒間いれる。唇が温度に敏感で、温度を確かめるのにいいそう。

唇にあててみる。まだ冷たい。

金串を刺した時の感触も大事だそうで、抵抗なくヌルっと入る。

後5分焼くことに。



5分後。もう一息。あと3分!



これか!

温度はぬる燗ぐらい。刺した感触はズブっとやや抵抗のある感じ。

もっとぬる燗飲んで感触つかも!



野菜を取り除いて、焼いた時間と同じ時間寝かす。



野菜とホイルに残った肉汁に水を加えて煮立て漉し、塩と胡椒で味をととのえ、ソースにします。

成功を確信し、すっかり余裕。

そして、結果は、ジャジャジャ〜ン、大成功です!



これでなんとかビストロも閉めないですみそう。

皆も笑顔。口福、口福。

上田シェフ、ありがとうございました! これで年が越せそうです。

(澤崎信孝)

コメント(0)

ローストポテトと温野菜、ブレッドソース 

このコーナーは、世界各国からお料理上手なゲストをお迎えして、
とっておきのレシピを教えていただくグローバル企画。
同じおいしいものを作れる、味わえる、確かな幸せでつながれる仲間を、
世界中にどんどん増やしていきますよ!
前回に引き続き、カースティさんのローストディナーをお届けします。

第7回

イギリス・湖水地方
祖父江カースティさんの

(ローストチキンに添える)
ローストポテトと温野菜、ブレッドソース




Profile
Mrs Kirstie Sobue



フリーランスの通訳・翻訳・コーディネーターとして活躍するカースティさん。ビジュアルアーティストである日本人のご主人と2人のお子さんとともにイギリス・湖水地方在住ですが、20年間の日本在住歴があり、日本語の実力はネイティブ並み、いやそれ以上! 現在、日本語教師の資格を取得するべく勉強中です。母方のおばあさまがフランス人で、お料理上手の家系育ちのためか料理の腕も素晴らしく、今回の来日時、DDCのゲストシェフとして特別レッスンをしていただきました。
Continue Reading »

コメント(0)

カースティ流ローストチキン グレイヴィソース添え

このコーナーは、世界各国からお料理上手なゲストをお迎えして、
とっておきのレシピを教えていただくグローバル企画。
同じおいしいものを作れる、味わえる、確かな幸せでつながれる仲間を、
世界中にどんどん増やしていきますよ!

第6回

イギリス・湖水地方
祖父江カースティさんの

カースティ流ローストチキン グレイヴィソース添え




Profile
Mrs Kirstie Sobue



フリーランスの通訳・翻訳・コーディネーターとして活躍するカースティさん。ビジュアルアーティストである日本人のご主人と2人のお子さんとともにイギリス・湖水地方在住ですが、20年間の日本在住歴があり、日本語の実力はネイティブ並み、いやそれ以上! 現在、日本語教師の資格を取得するべく勉強中です。母方のおばあさまがフランス人で、お料理上手の家系育ちのためか料理の腕も素晴らしく、今回の来日時、DDCのゲストシェフとして特別レッスンをしていただきました。
Continue Reading »

コメント(0)