2012年11月

2012年 11月 28日

料理とワインのマリアージュレッスン 2 

このコーナーでは、フランス在住のソムリエ、Juli ROUMETさんによる、DDCレシピに合わせたワインの提案コラムをご紹介します。上田淳子シェフが選んだレシピ2品の組み合わせに、ソムリエのJuliさんがぴったりのワインをセレクト。DDCのE-レシピブック『Seasonal Recipes』に収録された解説を抜粋し、ロングバージョンにしたものです。かなり詳しく具体的なおすすめを紹介してくれていますので、とっても参考になりますよ!

第2回は、ジャンボン・ぺルシエ(E-BOOK秋号に収録)+さばのスパイスグリルと一緒に飲むワインについて。



たとえばこんなシチュエーション…<晩秋の夕暮れを眺めつつ飲み始めるなら>


たとえば、ブルゴーニュ名物のジャンボン・ペルシエにはやはりピノ・ノワールかシャルドネがおすすめの定番ですが、さばのスパイスグリルまで1本を通して提案するなら、やはりピノ・ノワール。
それも然りの楽しい組み合わせですが、ジャンボン・ペルシエにもハーブが使われており、さばにはふんだんにスパイスが投入されています。
アロマティックでフルーティなソーヴィニョン・ブランでも素敵な組み合わせになります。
赤でも白でもどちらを選んでも十分楽しめます。
そしてピノ・ノワールからは辛口のロゼも造られますので、これも見逃せない好相性です。
秋の夕暮れを眺めつつ、透明感のある赤ワインを片手に・・とイメージしてみたのですが
レシピを見て閃いたのはやはりロゼでした。
ロゼってお花見のお伴や夏の昼下がりのイメージが強い(?)ワインに思われがちですが、実は造られる産地によってはかなりガストロノミックになり、食事のお伴として大活躍するワインなのです。
最近私がフランスのテイスターで彼が受け持っている専門誌の秋のワイン特集号のため一緒に試飲検証させて頂いた時に揃って感嘆した、ある地区のワインが思い浮かびました。
中央ロワールのルイィという地区のピノ・グリで造られたロゼです。
これは白ワインの良さと赤ワイン的要素も少し併せ持った非常に面白いロゼで、きちんと美味しいのです。
見栄えは地味な桜色ですが、ロワールのワインバーやレストランではむしろ(通常はロゼを煙たがる)男性達に人気があり、「ヴァン・グリ」(ロゼの別名称)と呼ばれる一番人気のロゼワインなのです。
ピノ・ノワールのロゼほど華やかでく、かつ 柑橘的なニュアンスが白ワインほど顕著でない分、派手なマリアージュはありませんがスパイシーさと喧嘩する事も無く殊の外しみじみ美味しく味わえます。
日本で入手しにくい場合は前述のようにピノ・ノワールの赤、で通したり、赤とソーヴィニョン・ブランの白で違いを楽しむのもモチロンかなり素敵なはずです。
産地を選んでいくと、季節によってロゼの楽しみ方が変えられます。

コメント(0)

2012年 11月 23日

料理とワインのマリアージュレッスン 1 

このコーナーでは、フランス在住のソムリエ、Juli ROUMETさんによる、DDCレシピに合わせたワインの提案コラムをご紹介します。上田淳子シェフが選んだレシピ2品の組み合わせに、ソムリエのJuliさんがぴったりのワインをセレクト。DDCのE-レシピブック『Seasonal Recipes』に収録された解説を抜粋し、ロングバージョンにしたものです。かなり詳しく具体的なおすすめを紹介してくれていますので、とっても参考になりますよ!

第1回は、秋のフルーツサラダフランスのお総菜屋さん風ローストポークと一緒に飲むワインについて。



たとえばこんなシチュエーション…<前もって用意しておけるおもてなし料理と>

双方のお料理に使われている素材を見て思い浮かんだのは、白かロゼ。日本のワイン、甲州が合うのではないかと思いました。柿と洋梨の組み合わせにも、酸もアロマもはんなりと優しい甲州は合うと思います。
ローストポークは素材の味わいが良く染んだうま味の塊のソテー。ワインもあまり自己主張の強いものやアルコール度数の強いものではなくしみじみ滋味に溢れたワインがいいですね。
甲州はピノ・グリのように淡いピンク色の葡萄でロゼも白も造られます。最近は日本の若い世代のワイン生産者さんもクオリティの高いワインをどんどん造っていて日本の食卓にこそピッタリのワインを造っていらっしゃるので、この機会に日本の秋の味覚と共に楽しんでみるのも素敵だと思います。
さっと作れるおもてなし料理と日本のワインって、お客様にとっても肩肘張らず特別過ぎない、けれど何か心憎い演出効果は高そうです。(笑)
甲州は ロゼでも白でも相性抜群だと思いますが、柿と甲州、豚肉のジューシーな肉汁とロゼはとても合うと思います。

コメント(0)

2012年 11月 22日

舞茸のみそ天ぷら&ささみのあられ揚げ

カテゴリー レシピアーカイブ,



ほんの少し、隠し味や歯ざわりを工夫した衣にするだけで、舞茸や鶏ささみという身近な素材がやみつき系のごちそう揚げ物に! 本当~に、食べ出したら止まりませんので、どうぞご注意を!

(レシピはこちらの本に収録されています)
Continue Reading »

コメント(0)

Next »