2012年8月

2012年 8月 30日

ヴィシソワーズ

カテゴリー 撮影チームブログ



9月がそこまでと言うのに、まだまだ暑い日が続きますね。
料理をするのも実はツライ暑さ・・・。
夏バテはしていないのですが、
暑さのあまり、思考回路も停止状態で
いったい自分が何を食べたいかさえ考えられなく・・。
そんな中、ふと思いつき、
冷たいポタージュ(ヴィシソワーズ)を作りました。
それは、なぜかというと・・・
冷たいポタージュって、本当に夏の一時しか
楽しめない料理って気づいたから(笑)。
最近では、具だくさんスープの方が主流で、
ご家庭でもお店でもあまり提供されなくなったポタージュ。
でもやっぱり、丁寧に作って、
いただくと野菜のうま味がダイレクトに
身体にしみこんで行くようで嬉しいお料理。
思った通り、できあがったヴィシソワーズは
じゃがいもの優しい味わいと、
玉葱、ネギのうま味豊かなひと皿に。
夏の疲れた身体に、「良くここまで乗り切ったね」 と
ご褒美をかねて、冷たいスープ 作ってみてはいかがですか?
(上田淳子)

コメント(0)

2012年 8月 28日

私的良店案内6 「kino」

カテゴリー 撮影チームブログ


今回は表参道にある「kino」をご紹介します。
kinoをひと言で表すなら「ロマンティック!」。
今やロマンティックテイストのインテリアテーマには欠かせない存在です。
我が家のインテリアテイストとは真逆なのですが、
かわいいものが沢山あって、気持ちが上がります。
私も女子、可愛らしい、ロマンティックな良いものはワクワクしますねぇ。
この「良いもの」がポイントですが~。
特にオリジナルアイテムがおすすめ。
子羊柄マグカップは、オープン当時にいただいた娘用。
ハイジのユキちゃん(あちらはヤギですが・・・)みたくて、ほのぼのとした気持ちになります。
我が家の数少ないキャラクター3のひとつで、
ムーミン、ピーターラビット、そしてこの子羊ちゃんです。
他にも、花鳥柄のポンポン付きランプシェードやうさぎのクッションなど、
その時々で新しい物に出会えますよ。
オリジナルの絵柄などをデザインしているのが、ディレクターの吹野さんです。
kinoテイストのままの可愛らしい女性で、
お若いのにしっかりされていて、
オープン当初から変わらない、丁寧な対応をして下さいます。
御実家が大きな家具屋さんで、
時々ショップでお父様にお会いします。
お父様も良いお方で、この娘にこの父あり!
と勝手に納得している小山です。
そして、素敵な関係だな~と。
(吹野さん、勝手にいろいろ書いてごめんなさいね・・・・)
ぜひ出かけてみて下さいね。
(小山佳子)

コメント(0)

2012年 8月 26日

夏の冷製パスタ

カテゴリー 撮影チームブログ

夏休みも最後の週末になってしまいましたね。
今年は雨が少なくわりとカラッとしていて、
夜も過ごしやすかった印象があるのですが、いかがでしたか?
日中は、まあ〜暑かったですね。
今回は夏にぴったりの冷製パスタです。
の コラムに出ていますが、いくつかポイントがあって、
特に大事だなと、思ったことは次の二点です。
表示時間通りに茹でる事(いつもはソースに絡めることを前提にして、
短くしているのですが)、冷水でしっかり締める事。
特にカッペリーニ(2mmの糸みたいに細い麺です) は
十分な茹で時間を取らないまま冷水で締めたら、
バリバリになってしまった苦い経験があります。
カッペリーニは、むしろ表示時間より長めでも問題ないようですね。
フェデリーニ(1.4mm)やスパゲッティーニ
(1.6mm、日本で一般的なパスタ)なども冷製にすると、
アルデンテにした時のようなコシのある食感ではなく、
モチっとした、また違った食感に。なかなかグッドです。
冷たいフルーツトマトのパスタ
ウチでよく作るこのパスタは、
フルーツトマトを湯むきして、
密閉できる容器に、赤ワインヴィネガーとオリーブオイル(1:5の割合 )、
塩と胡椒で味付けをしたソースに入れ、トマトを加えシェイクします。
そうすると、オイルとトマト、ヴィネガーの水分が
乳化してまろやかになるんです。
これを冷蔵庫で冷やして、後はパスタに絡める前に
もう一度シェイクすればOKです。
はい、簡単です。
トマトといえば、
知り合いの編集さんでもいました。トマト大好きな人が。
彼女は毎日プチトマトを2袋、食べるそうです。
かくいう私も毎日なにかトマトを食べています。
トマトって中毒性があるのかしら?
夏も終わりに近づいて、出遅れた感のあるエントリーですが、
まだまだ残暑が続きそうなので、お許し下さいませ。
残された夏をおしみつつ(?)、冷えたパスタをお楽しみ下さい!
(澤崎信孝)

コメント(0)

Next »