2012年7月

2012年 7月 15日

トスカーナの夕べ

カテゴリー 撮影チームブログ

木曜担当なのに、すっかり日曜日になってしまいまして申し訳ありません。
先週は珍しく外出が多く、ブログが後ろ手に回ってしまっておりました…。
フランス・サンセールでのイベントでの上田シェフの活躍のお話がありましたが、
私は先週、東京の中のイタリアに行ってまいりました。
ルネッサンス発祥の地、フィレンツェを州都にもつトスカーナ。
この地で1000年以上続く名門、フレスコバルディ侯爵家の29代目ヴィットリオ氏が
1995年にカリフォルニア、ナパ・ヴァレーの醸造家ロバート・モンダヴィ氏とともに
「ルーチェ・デッラ・ヴィーテ」社を創設し、
つくり出した世界最高水準のワインが「ルーチェ」です。あまりにも有名ですね。
右が「ルーチェ」、左がセカンドラインの「ルチェンテ」。
神から人類に与えられた光を意味するという
フレスコバルディ家のこの「太陽の紋章」は、
フィレンツェの歴史的建造物の柱などにも刻まれているそう。
この光とトスカーナの豊饒な大地がサンジョヴェーゼとメルローという
2種類のブドウにパワーを与え、そして「ルーチェ」に結実するのですね。
カタログも円形のおしゃれなスタイル。
 同郷のフィレンツェ生まれの名門陶磁器ブランド「リチャード・ジノリ」と
「ルーチェ」とのコラボレーション・プロジェクトが2012年4月から始まったそうで、
2種類のブドウを育んだ豊かな土壌のDNAをイメージした
2種類のプレートを、ジノリの職人さんが伝統の技でつくり出しました。
今回は、その東京でのお披露目のためのレセプションだったのです。
場所はイタリア大使館公邸。招待状にはイタリア大使閣下のお名前が。
ルーチェのデキャンタのあるカウンターには行列ができていました。
ワインに合わせたお料理の数々。この後パスタとリゾット、ビスコッティと続きました。
DDCの活動を知ってくださっていたからか、
デザインとインテリア関係のPRで素晴らしい活動をされている
デイリープレス」の川村美帆さんからお声をかけていただき、
このような素敵な夕べに参加させていただくことができました。
30代目のランベルト・フレスコバルディ侯爵とお話しするという名誉に浴し、
同じ業界の友人にも久しぶりに会えたりして、
なかなか経験できない、心から楽しい一夜でした。
川村さん、どうもありがとうございました!
中央はご一緒したインテリアデザイナーのヘザー・ブラッキンさん、右が川村さん。
DDCでも、これからワインの企画、考えたいと思います。
「ルーチェ」のようなスーパープレミアムワインではなく
リーズナブルでおいしいワインのお話中心になるかとは思いますが…。
(田村敦子)

コメント(0)