2012年7月

2012年 7月 05日

Member’s Question Vol.2 神奈川県 M.Kさん

カテゴリー 撮影チームブログ

「このレシピ作ってみました!」というレポート、また「ここがうまくいかなかったんだけど…」 というご質問、ありがとうございます。このコーナーでは、そんなDDCメンバーのみなさまからの メッセージとご質問に、DDCチームがお答えしていきます。

Vol.2 神奈川県 M.Kさん(ベーシック会員)からの質問
「えびときのこのアヒージョを作るときの火力について」

「きちんとおいしいクイックレシピ」で質問なのですが、
えびときのこのアヒージョを作った時に、
きのこもえびも、めっちゃ小さくなってしまいました。
単に煮詰めすぎでしょうか?
強火でガッとやってしまった方がよかったでしたでしょうか??



そうなんです。強火でガーーーーッとなんです。「1を加えて、火を強めます」という文章がレシピにあるでしょ?魚介類やきのこ類はちょっと注意が必要で、水分がどんどん出てその水分がなくなるまでがんばって火にかけていると、小さくなってしまうことが多いのです。えび以外に、帆立やイカも要注意。水分が素材に留まっていてくれるくらいの仕上げになるように、ぜひ次は強火で!再度挑戦をお願いしたいと思います。

ちなみにお節介な話ですが、料理って、ひとつの料理を時をあまり置かずに3回作れば上手くなります。今回はその1回目。水分が出て小さくなってしまったことを教訓に、2回目を。そこそこ上手くできたら、その感覚を忘れないように、そしてより自分の好みに仕上げるように、3回目を。

ちょっと思い出してみてください…学生時代、授業を受けて、復習して、テスト前に再度覚え直して…テストでやっと点数につながる。そんな感覚と一緒です。がんばってください!(上田淳子)
このコーナーでは、会員のみなさまからの料理に関するご質問や
「これ作ったよ!」というご報告を募集しております!
ニュースレターでご案内するメールアドレス宛に、どしどしお寄せください。

自作のお料理写真(サイズは軽いもので十分です)も大歓迎です。
スタッフのお返事と一緒に掲載させていただきますので
ご感想やご質問などのコメントとともに、お送りください。

ご参加お待ちしております!

コメント(0)

2012年 7月 05日

おしまいにひと口

カテゴリー 撮影チームブログ

楽しくお酒を飲んだ後、〆の焼きおにぎりやお茶漬け、
ラーメンに焼きそば、それから冬なら鍋後の雑炊。これって格別ですね。
ワインを飲むなら最後はパスタ。
イタリアでは、パスタはメインの前に食べるもの、無粋だと知っても
日本の酒呑みとしては、〆はやっぱり炭水化物なんですよね。
亡くなってから30年以上経過した今も大人気の、作家の向田邦子さん、
私も大好きで本をいろいろ持っていますが、
向田さんが生前、末の妹さんと一緒に開いた小料理屋さん
「ままや」のうたい文句が素敵でした。
「蓮根のきんぴらや肉じゃがをおかずにいっぱい飲んで
おしまいにひと口ライスカレーで仕上げをする――
ついでにお惣菜のお土産を持って帰れる――そんな店をつくりました(中略)
店は小造りですが味は手造り
雰囲気とお値段は極くお手軽になっております(後略)」
これを最初に読んだとき、まだ20代前半だった気がしますが
「うわー、〆のライスカレーいいな、食べたい!」と思いました(笑)。
だしが効いていて、片栗粉でとろみをつけてある、あの独特のカレー。
本日アップの「夏野菜の和風〆カレー」は
そんな「ライスカレー」を思い出させる、愛すべき一品です。
上田シェフはじめ、全員酒呑みのDDCチーム、大のお気に入りでもあります!
おしまいにひと口、召し上がって今夜も〆ませんか?
(田村敦子)
 

コメント(0)