2012年5月

2012年 5月 29日

私的良店案内3 「グランピエ」

カテゴリー ブログ


青山三丁目交差点から伸びるキラー通りの先、
趣のあるビルの12Fに「グランピエ」があります。
西洋民芸の店とうたっている通り、
インド・パキスタン・トルコ・ルーマニア・中国などなど、
さまざまな国のさまざまなモノを見ることができます。
行ったことのない国のものも多く、
エスニックでプリミティブなものばかり。
共通しているのは「手仕事」のものということ。
民族性の高い、手仕事ならではの
モノの存在感がたまらない魅力で、
いつ行ってもワクワクします。
私がこの世界に興味を持ち始めた
189の頃の憧れは、何といってもフランス、パリ!
雑誌に載っていたカフェオレボウル、
デュラレックスのグラスを買いに、
埼玉の実家から東京・広尾のF.O.B COOPまで
出かけていったものです。
20代、晴れて、スタイリストのアシスタントになり、
毎日沢山のお店をまわる生活がスタート。
F.O.B COOPも何度も行きましたが、
グランピエも何度も行きました。
フランスもの人気は相変わらずでしたが、
エスニックものの流行がやってきたからです。
初めて見る、手にするグランピエのものがとても新鮮でした。
また、私の師匠である岩立さんの
エスニックのスタイリングが本当に素敵で、
オールマイティな人でしたが、
エスニックスタイルが私は一番好きでした。
岩立さんもグランピエにあるものが好きだったと思うし、
岩立さん自身がそういう人だったと思います。
(抽象的ですね・・・)
長く通っているグランピエですが、
その独特な佇まいはずっと変わりません。
でも、いつでも沢山の知らないものを
遥か遠い国から持ってきて、
ずっと見せ続けてくれます。
モノについての質問をすると、
いつも丁寧に教えてくれます。
20代の私も、今の私も、
延々と変わらないことをやっています。
お店から、お店の人から学ぶことばかりです。
写真の陶器はアフガニスタンのもので、
20代の頃に買いました。
欠けも味わいに感じる器で、
オレンジ系の果物がよく合います。
今ですと、柄が沢山入ったものが充実していて、
見ごたえ充分。
異国の空気を感じに、
ぜひ、ぜひ、お出かけ下さいね。
(小山佳子)

コメント(0)

2012年 5月 28日

新茶の季節

カテゴリー ブログ


新茶の季節ですね。
いつもお酒のお話が多いけれど・・・やっぱりこの季節・・
緑鮮やかで、さわやかな香り、ふくよかな味わい・・・
そう、そんなおいしさを楽しめる新茶は本当においしいですね。
なにげなく飲んでいるお茶・・・
ワインの産地は必死で勉強したのに、ブドウの品種も知っているのに・・
そういえば当たり前すぎて、
お茶は、勉強して飲む・・といった感じではありませんでした。
そんな私が、お茶という物・・しっかり知る機会となった場所・・・
それは、京都福寿園本店B1にある「京の茶蔵」。
数年前、帰省の途中で訪れた際に、
お茶のお話を、本当に丁寧に、その味わいと共に教えていただきました。
それ以来、京都に赴く事があれば、ちょこちょこ立ち寄りお話を聞いてお茶を求め・・
といったことを続けております。
なんと言ってもその説明の明解且つ楽しいことと言ったら・・・
産地、栽培の仕方・・と今まであやふやだったお茶のことが、
わかりやすい説明を伺ううちに私の頭の中でどんどん整理され・・・
そして何よりおいしくきちっと入れたお茶が
これほどまでにインパクトのある飲み物だったと言うことを知り・・・。
ついついコーヒーあわよくばワイン! なんて生活がいいよね!
なんて思っていた私も、ホッと一息とか食中、食後の飲み物として
以前よりずっと・・お茶は欠かせない物に。
そんなステキなご説明をいつもしてくださる
福寿園の伊藤さんから、29日火曜日に「NHKのあさイチ」に
ほんの少しですが、お出になるとご連絡をいただきました。
この日のあさイチは、緑茶の特集だとか・・・・・
おいしいお茶でも入れて・・ゆっくり拝見できると良いなと思っています。
(上田淳子)

コメント(0)

2012年 5月 24日

タンドリーチキン

カテゴリー レシピアーカイブ,



インド料理店でおなじみのこの一品、実はとても簡単に、そしてとてもクイックに、
ご家庭で作れます。たとえば朝、マリネ液に鶏肉を漬け込んで冷蔵庫に用意しておけ
ば、夜にはオーブンで焼くだけで、やわらかい絶品タンドリーチキンが完成!

(レシピは今後刊行予定の本に収録予定です)

Continue Reading »

コメント(0)

Next »