2012年4月

2012年 4月 14日

ビストロさわざき 本日も口福ナリ その4〜アスパラガスのフリカッセ

カテゴリー 撮影チームブログ

久しぶりの本編です。
近所のスーパーに買い物に行くと、
美味しそうな、空豆とアスパラが安くなっていました。
春ですね。旬のものが美味しく、
安くなっているので嬉しくなっちゃいます。
ということで、今回は「アスパラガスのフリカッセ」

DDC季節のレシピ Springになります。
アスパラの下の堅い部分をピーラーで薄く剥きます。
塩をひとつまみ入れた熱湯で、空豆をサッと茹でます。
塊ベーコンをスライスします。
肉食なので、食べ応えがあるように、厚めに1cmに。
バターを弱めの中火にかけて溶かし、
にんにく、タマネギ、ベーコンを焦がさないように炒めます。
小タマネギは手に入らなかったので、
タマネギのみじん切りを多めに入れました。
アスパラガスと水を加え、アスパラガスに火が通るまで煮て、
空豆を加え、塩、胡椒で味をととのえます。
仕上げにオリーブオイルをたらして出来上がり。

今回は特に問題なくスムースにいきました。
出来上がりも、空豆とアスパラガスの春らしい、苦みのある甘さ、
アスパラガスのシャキッとした食感、も楽しめました。
ただ、小タマネギがあったほうが、見た目にボリュームがでて、
食感もシャキシャキ、プラスアルファがあったのかなと。

春野菜のほろ苦さとタマネギの甘さがグッド。
塊ベーコンのボリュームでメンズも満足。
仕上げにたらすオリーブオイルの香りがまた、食欲をそそります。
ワインはイタリア北部、ヴェネト(ヴェネツィアが州都)のソアヴェ。
引き締まった酸とミネラルが春野菜にはぴったり。
あと、フランスのロワール地方のサンセールや
トゥーレーヌのソーヴィニヨン・ブラン種で作られた白ワインも
春野菜に似た苦みやミネラルを感じさせてとても合うと思います。
ぜひ、お試しを! 我がビストロの春の定番ワインです。

春はいいですね。食べ物も若々しく、
それ故のほろ苦さ、甘さ、などの初々しさがあって。
それを美味しく頂くなんて、贅沢で幸せなことですね。
本日も口福ナリ。ありがとうございました。

(澤崎信孝)

コメント(0)