2012年3月

2012年 3月 30日

ビストロさわざき まかないごはん編~カルボナーラ

カテゴリー 撮影チームブログ

今回は、ひとりごはんで、しかも夜遅くの帰宅。
冷蔵庫を開けるとかたまりベーコンと卵が。
これはもう、これしかない。
これこれと、くどいですが、数少ない得意料理、「カルボナーラ」です。
すみません、早く食べたくて、ボケてしまいました
まかないにしては贅沢ですが、ボリュームがあり、
これだけで満足感があるので一品ですみます。
以前から評判もいいので、かたまりベーコンがある時は、よくつくります。
いろんなつくり方があるようですが、
今日はわたしが長年研究して?たどりついた方法を書いてみます。
パスタのお湯を沸かし始めてから、フライパンにサラダオイルを少し入れ、
中弱火でベーコンをじっくり炒め、
余分な脂をペーパータオルで取り除きます。
にんにく好きなので、途中ににんにくもあわせます。
ベーコンは食べごたえ重視ででっかく切る!
 ボールに卵(全卵1、黄身1)と削ったパルミジャーノ、豆乳
(今回は残念ながら、冷蔵庫に生クリーム、牛乳も無かった)を入れ、
塩、胡椒で味を調えます。
胡椒は後でまたふるので控えめに。
1人分に黄身2個入ってます
パスタ(太めの)を茹ではじめ、茹で汁を大さじ2杯、ボールに加えます。
茹であがった(指定時間より1分位はやくあげます。
ソースとからめる時間も茹でる時間に入れるつもりで)
パスタをボールに入れ、ソースと合わせます。
ソースが冷めるとかたまりやすいので、
ボールをパスタを茹でていた鍋の上に乗せ、余熱で温めます。
このひと手間でとろみが出るんです
じっくり焼いたベーコンを加えて皿に盛り、
胡椒をたっぷりかけて出来上がり。
所要時間30分。
私は、これに軽めの赤を合わせるのが好き。今回はモンテプルチアーノ。
イタリア中南部で広く作られている、
親しみやすいミディアムボディの赤ワイン。
程よい酸味、果実味が心地いいですね。
少し冷やして、今だと冷蔵庫で30分強冷やすくらいですか。12度位。
生卵と、パルミジャーノの濃いソースと合うんだなあ。
 うーん満足。
今回も疲れた体と、ぺったんこのおなかを癒すことができました。
口福。口福。
シメに食べるときは量少なめにして、さっぱりと刻みパセリをかけてもGOOD
(澤崎信孝)

コメント(2)

2012年 3月 29日

「お箸のDDC」誕生秘話

カテゴリー 撮影チームブログ

こんばんは。少しだけリニューアルしたDDCサイトと
先週から始まった季節のレシピ 春、いかがでしょうか。

「2年目には和とアジアをやろう!」ということになったときに
どんなメニュー構成にするか、ネーミングにするか、みんなで話し合いました。
そこはやっぱりお酒好きチーム(笑)、
料理屋さんや居酒屋さんで頼むみたいな感じで
「とりあえずの一品→軽いおつまみ→がっつり料理→締めのご飯か麺、汁物」
という構成にしたいという話になり、そのリクエストを上田シェフに伝え、
開発していただいたのが、発表しているメニューです。
ネーミングについては、
フレンチビストロじゃなくて和食だから、ビストロジャパニーズ?
和食のDDC?など、いろいろ出ましたが、
何となくピンと来てみんなが呼ぶようになったのが
「お箸のDDC」という通称です。
とても気に入っています。なんか、いいでしょ。
小山さんは、昨年のフレンチDDCのスタイリングとは少し違う、
かといって純和風にならず、軽やかでコンテンポラリーな和、
というイメージをつくるよう努めてくださっています。
これは、昨年のSeasonal Recipes Early Springの撮影時、
ナイフフォークに合わせて使った器たちです。
そしてこちらは、今の「」の撮影、お箸と合わせる器として使った器たち。
春らしいきれいな色が出てくるのは共通ですが、
なんとなく、変形の器や、マットな質感の器が多いような。
冒頭の写真は今日の更新メニュー。
「とりあえずの一品」のカテゴリーですね。
小さな器にちょこっと盛って、 最初の一杯とともに。
引き続き、お楽しみいただければ幸いです。
(田村敦子)

コメント(0)

2012年 3月 27日

誰かのために、誰かと一緒に

カテゴリー 撮影チームブログ


娘の部活の合宿があり、昼食作りに行ってきました。
メニューはハヤシライスとサラダなど。
60人分という経験のない量でしたが、皆で作ればあっという間。
初対面の方も多い中、給食室が出来るのではと思うほど、
母親達の見事な連携プレイでした。
こうやって皆さん、毎日の食事を家族にテキパキと作っているのだな~と
妙に感動してしまいました。
玉ねぎのむき方、ゆで卵のむき方など、
自分なりの小さな合理的方法を持っていたりして、
手元を見ていて、楽しくなりました。
おしゃべりしながら、誰かと料理をするって楽しいですよね。
キャンプが良い例。
お酒片手につまみ食いをしながら、いろんな話をしながら、
ゆっくりと食事の準備をする、あの時間の流れがとても好きです。
そうそう、
「いただきます」の挨拶の後、子供たちにおかわりがあることを伝えると、
一斉に席を立ったのが女子!
食べる前に増量するため並びだし、倍の盛りに。
男子はというと、のんびり食べています。
食べ終わった後のおかわり率も少なめ。
やはり女子はたくましい!ですね。
(小山佳子)

コメント(0)

Next »