2012年1月

2012年 1月 26日

カスレー

カテゴリー レシピアーカイブ,

カスレー

肉とお豆を煮込んでオーブンで焼き上げる、フランス南西部・ラングドック地方の郷土料理、カスレー。
素朴で力強い、ボリュームたっぷりのごちそうレシピです。

(レシピはこちらの本こちらの本に収録されています)

Continue Reading »

コメント(0)

2012年 1月 24日

適温と焼き時間のお話

カテゴリー ブログ

澤崎さん・・やりますね!
これからもどんどんよろしくお願いします。
ところで、焼き時間の話を少し・・・
ラムは冷蔵庫から出していましたか? 
それから、ちょっとしたことなのですが、
澤崎さんの使ったお肉は、側面に多めの脂がついていませんか?
DDCで撮影したものは、このように、脂が薄い状態でした。
実はこの脂がくせ者で、フライパンで焼くときに
しっかり断熱材となって、熱が肉部分まで届きにくいのです。
逆に脂が熱くなってしまえば、それは熱媒体に・・
思っている以上に火が入りやすいのも事実です。
ちなみに冷蔵庫の話に戻りますが・・
このところ寒い日が続くので、冷蔵庫から早めに出しておいても、
肉がなかなか常温に戻らず
結局冷蔵庫から出した状態と変わらないことになることも。
なので、通常の時間を焼いても、
中心まで熱が伝わりにくく、レア状態・・・と言うことが。
まだまだ寒い日、東京は今朝は雪景色・・・・
実は、気温によっても、
いろいろ味わい料理の出来具合が変わってくる。
あまり寒い日は、通常より早めに、暖房の効いた部屋に出す、
焼き時間を長めにするなど・・・
少し肉や気温と相談しながら作ると、お好みに仕上がりますよ!
                                                                                                                                                                                          
たとえば、ワインも同じ。 白ワインを適温に冷やしていても、
夏は戸棚から出したグラスが、気温と同じ温度だったら
あっという間にワインの温度は上昇。
逆に、冬は戸棚の中でもグラスは冷える・・。
せっかくの赤ワインがグラスの中で冷えて、渋み全開の一杯に・・。
ちょっとしたことだけれど、真夏と真冬は結構こんなところで、 
完璧においしいに近づけないハードルがあるのかも。
春、秋の適温を基準に・・素材と相談して、
おいしいもの作ってくださいね。
(上田淳子)

コメント(0)

2012年 1月 24日

ビストロさわざき 本日も口福ナリ その1〜ラムのロティ レンコン添え

カテゴリー ブログ

なぜだか、久しぶりにラムをガッツリ食べたくなり、
以前、DDCのWinter 2011でご紹介した料理にチャレンジしました。
午前中にスーパーに電話して、かたまり肉を確保してもらう。
やる気マンマンです。

まずは、肉に塩胡椒をし、肉に焦げ目がつくまでフライパンで焼きます。
塩は上田シェフに教わった通り、「満天の星」をイメージしてしっかりと。
その合間にレンコンをオリーブオイルであえておきます。
200℃に熱したオーブンに肉とレンコンを入れ、12分さらに焼きます。
焼け具合は金串を肉の中心にさし5秒待ち、火の入り具合を確認します。
ちょっとぬるい位でしたが、ウチの先輩シェフに尋ねたら、OKとのこと。
そこで、取り出し、レンコンはさらにフライパンで焼き目をつけます。
肉はアルミホイルで覆って焼いた時間と同じ12分おき、
肉汁を落ち着かせます。
肉にマスタードを塗り、刻んだパセリをのせて出来上がり。簡単です。
う〜ん、このラムの香り、堪りません。
でもチョッと香りにシットリ感があるような。

ナイフを入れて一口。

レアだ。でもレア過ぎ。なぜだろう。
その後、3分さらに焼く。まだ足りない。
(ここで、自分がラムはミディアムが好きなことを思い出す)
その後3分焼き、ようやくいい感じに。
脂身が多かったのと、金串で確認するときに
もっと串が熱くなるまで焼いた方が良かったんではないかと検討する。

シンプルなんだけどやはり、肉を焼くのは難しい。今度はリベンジするぞ!

それでも、最終的には美味しく頂くことができました。
つけあわせのレンコンも焼いて旨味が凝縮されて甘みを感じる。
シャキシャキの歯ごたえもグッド。
ラムの個性的な味わいには、やはりパンチの効いた赤ワインを。
シンプルな料理なので、それほど熟成感や複雑味のあるものではなく、
ストレートで若々しい、南仏、南ローヌ地方の赤を。
チョッとインキーで(インクのような、という意味です)、
太陽をいっぱい浴びた葡萄を、ギュッと濃縮したかのような濃い味わい。
すっと鼻に抜けるような香草のニュアンスも感じて、濃ゆいけど爽やか。
「体育会の好青年」、といったところか。
ラムの肉と調和して脂身もつつみ込みます。
濃ゆいもの同士の相乗効果で、さらに食事もワインも進みます。
ああたまらん!
本日も口福ナリ。
いつも撮影しているDDCレシピを
料理ビギナーの私が作り、それに合わせて
どんなワインを一緒に飲むと幸せになれるか。
そんなことを不定期になりますが、書いていきます。

堺正章さんと違ってまだ☆なしシェフですが、
いつか☆を貰えるよう、精進したいと思います。
(澤崎)

コメント(0)

Next »